シビアに今を生きよう(バスケットマンが小金持ち) 2005年04月23日

シビアに今を生きよう(バスケットマンが小金持ち)
バスケットとは余り関係がないが、小金持ちになりたいリーダーの単なる趣味のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

考えてみた

このブロクの意味について考えてみた。・・・・ん・・・・あんまり無い。なんか、熱いものが無い。題名からすると、このブログで儲けられそうな気もするが、まったくそうでは無い。
単なる日記だ。
崇高なる考え方や経営理論が有るのか?
まったく無い。
金持ちになるヒントがあるか?
無いに等しい。
誰かに影響を与えているか?
まったく無い。
金持ちに近づいたか?
1万程近づいた。
こう考えると、余り意味の無いブログだが継続は力なりを信じ今日も書きます。
前にも話したが去年、俺は地元に森下雄一郎を呼んだ。~省略~
んで、昨日、こんな事がしたいって親父に話を持ちかけてみた。
俺は『子供達にバスケの楽しさを教える=青少年育成=地域貢献みたいな。また、バスケの裾野を広げる。』みたいな事をやりたい。
そんで、それで飯を食えるのが最高だねみたいな。
FBCの趣旨や五泉でFBCを立ち上げる案も提出した。
その時、親父は言った。こういうものをやる時は行政を動かすべきだと。ただ、やりたいのは解るがこれだけでは行政は動かない。一バスケだけじゃなく、大きな目標の中の一つとしてまず、バスケをやる。みたいな方が良いとアドバイスをくれた。
やっぱ、歳の功ですね。でも、目標を俺が持っても夢で終わり行政を動かす事など出来ないはず。地道に活動してドンドン広げ行政がみたいに事を進める暇もない。人脈も左右する。俺には出来ないけど親父には出来る。チョット悔しいが経験の差だと思う。まだまだ修行ですね。
 ついでに親父の事を書こう。
俺の親父は23歳だったかの時に銀行へ行き粘りに粘って金を借りた。
その金で土地を買いそれを担保に会社を建てた。
後日また銀行へ行きもう会社も建てちゃったからって又金を引っ張った。それから地元で悪い人と言われている方達なども雇い、メリヤス業を続けました。自称、佐渡のバスに最初に広告を入れて走らせたって言ってました。昔は良い時代だったのでしょうね。
そして市会議員にも当選しまぁ成功者でした。
がっ、相次ぐ元請の倒産や市長選へ出て惨敗などで一気に貧乏生活。社員を食わせる為に働く儲からない借金をするみたいな自転車操業。会社は潰れてしまいました。
何年かして、韓国人を雇い韓国料理やをやったのですが、出店する場所が悪かったため廃業。
 今はチョット俺ともイザコザが有ったので別別で暮らしています。
でも、なんか昨日も話したのですが、地元の事を考えこうした方がいいとか未だに考えている人でした。
人によっては、大酒のみの大ホラ吹きと言いますが、ある面では俺は到底及ばない人であります。

親は何時までたっても親なんだなぁ。親父の良い所を取り入れ悪い所を排除し何時か越えたろうと思っています。
もう歳ですが、まだ頼れる所は頼って行きたいです。

それと、一人では地元でFBCを立ち上げ運営して行くのは難しいです。志を一緒の仲間を増やし成功させたいです。

スポンサーサイト


  1. 2005/04/23(土) 14:46:17|
  2. 俺の意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。