シビアに今を生きよう(バスケットマンが小金持ち) 2005年06月07日

シビアに今を生きよう(バスケットマンが小金持ち)
バスケットとは余り関係がないが、小金持ちになりたいリーダーの単なる趣味のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まだ書くよ

 最近ご無沙汰してました。実は入院してました。たいした事じゃあねーんだけど、ジャンプのし過ぎでナンかが飛び出てきました。切るべーって事で取っ払ってきました。先週の金曜に手術して今日退院っす。病院に付くと1時間ほど暇でその後着替えして、手術部の毛をそりました。そんでから点滴を始めって新米看護婦の野郎が2回も注射間違えやがって、挙句の果てに他の看護婦を呼んで3回目でヤットコ点滴始まり。何本かの点滴後、ケツに注射を打たれ(結構痛い)ストレッチャーに載せられ手術室へ、ハイ丸くなってヘソヲ見るようにして、痛いですよ、うーうーって痛い。足が痺れた状態、ビリビリしてると先生がじゃあ始めますって、痛かったら言ってねって、ここまでの過程で今までの痛いって言う時は痛いのでビビッテいると、おや、全然痛くねぇ。しまいニャ先生が平ノミをって?????ここーん、カツカツ、カンカンカーン、音はすれど痛くない、ハイ終わりってなモン。その間30分。術前のレントゲンと術後のレントゲンを見せられフィニシュ。その日はズーっト点滴三昧。しかも本当に下半身が動かない。看護婦も居なくなったべッドで想い切って、あそこを触ってみた。グニュグニュ?何も感じない、さわり心地もフニュふにゅの限界。本当に敏感な俺のものなのか?ってぐらい。まぁそれはさて置き、夜になると寝苦しいわ、いびきはウルせーし、痛いわでほとんど眠れず。しかも一晩中看護婦が点滴を取替えに来る。ホント感謝だけど、ちょっと逆夜這いっぽくてイー感じ。余りにも痛いので看護婦に言ったらこの点的に痛み止めって向えがきたので又今度。

スポンサーサイト


  1. 2005/06/07(火) 16:27:19|
  2. 日記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。