シビアに今を生きよう(バスケットマンが小金持ち) 2005年08月11日

シビアに今を生きよう(バスケットマンが小金持ち)
バスケットとは余り関係がないが、小金持ちになりたいリーダーの単なる趣味のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

バスケの裾野

 バスケットボール。きっと誰でも一度はやった事があるはず。競技人口も多い気がする。
 がっ、日本ではイマイチマイナーである。
 佐古選手の記事で31年ぶりに世界選手権出場の切符を手に入れた時に空港に居た人は10人足らず、しかも関係者。なんじゃそれ。
 今年からbjリーグが立ち上がり各地で試合を繰り広げます。地元チーム応援などでサポーターが増える事を切に望みます。
 また、よくココに書く森下選手も日本バスケの発展を祈っています。将来バスケで飯が食える環境をボクラ大人が作っていかなければいけない。その一つがFBCであり、彼の会社の夢現のコンセプトの一つではないだろうか。
 この前会った、レジェンドと言うチームの方達のプロモーションの仕方はフリースタイル(音楽に併せ踊るようにドリブルや雑技を行う)でバスケに興味を持ってもらい、バスケを好きになってもらうキッカケに技を披露していた。
 俺はホームページで新潟バスケリンクってのを作った。新潟でチームを探している人のキッカケつくりだ。
でもやりたい人やチームを探すホトンドの人は初心者から中級者でありバスケを楽しみたい人が多い。実際クラブチームではその様な方達と一緒に楽しむというのは困難な為、サークルのようなチームを探している。
それよりも、その様な方達が気軽にバスケをできる環境を作っていきたい。この度、中越にナイキジャパンがコートをプレゼントした。そこにタブセも参加してボールをくれたらしい。
 タブセもきっとバスケの裾野を広げたいと思っているだろう。まだ、自分の事で精一杯かもしれないけどね。
なんいせよ、バスケで飯が食える。チビッコの将来の夢がバスケの選手って言われる日本にしたい。

スポンサーサイト


  1. 2005/08/11(木) 17:34:00|
  2. 俺の意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。