シビアに今を生きよう(バスケットマンが小金持ち) 2005年08月30日

シビアに今を生きよう(バスケットマンが小金持ち)
バスケットとは余り関係がないが、小金持ちになりたいリーダーの単なる趣味のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ふと思った

昨日、俺が寝ようとしていると、子供と嫁の会話が聞こえてきた。
歯を磨いたの?磨いていない。磨いて来い。下に行くのが怖い。行け。怖い。
じゃぁ階段まで付いていくから、怖い。などと、俺には、『うるさい・ムコウデ言い合え』って感じでした。
朝起きて、そんな事を思い出しました。
俺も小学校の頃は怖がりで夜1人でトイレに行けなかったなぁ。
なんか思い出しちゃって。
今思うと、何が怖いんじゃ?って。幽霊ですか????
やっぱ、常識では考えられない物もイッパイ有るだろうが、よく考えてみよう。
毎日、何千、何万、何億か解らないけど命が無くなっている。これは、人と限らず、魚類や昆虫や動物なども含める。
しかも、地球が誕生してどれ位の命が無くなった事か。人間より遥かに長い年月地球を支配していた恐竜など、それら過去に無くなった命の霊が存在するならば、現在の人類の何万倍やら何億倍だか解らない霊が存在するわけで、みんなが日に何回も霊との遭遇をしていても可笑しくない。
がっ極端に目撃例は少ない。
きっと、生きたくても生きられなかった捨て子ザウルス等は山ほど地球上にいるはずだから、
俺昨日、捨て子ザウルスの霊を町で見たぜ、なんか有っても可笑しくない。また、カブトムシの霊が木にとまっていたナンカも有り。
恐竜や動物は弱肉強食の世界なんで悲しい運命だったヤツは果てしなく多いが、その霊の目撃談は聞かない。首の無いシマウマが走っていた等など聞かないね。
いや、UMAやUFOは、それらの目撃談ナのかも知れない。
でも、カブトムシの霊や恐竜の霊等を考えると怖さも半減する。
やっぱ、頭の中で作り出した恐怖が本当の霊の存在を恐怖に変えているのだと思う。
もしも、生まれてこの方、幽霊話を聞いたことが無い人が居たらどうだろう?
きっと、怖くない。ただ、暗闇では目が見えないから、昔ッカラのDNAに刻み込まれた名残で敵に襲われる等の恐怖は有るだろうが。

だから、昨日子供が怖いって言っていたのは、彼女が作り出した恐怖なのである。
でも、その恐怖を作り出す手伝いをしたのが、テレビもそうだが私や女房のせいなんだな。
五月蝿ければ鬼が来るだので脅す、怖いテレビを一緒に見る、怖い話などの本を読んで聞かせたりする。
その結果、トイレに行けない、チキン子供になるのだ。
痛し痒し。
だ・か・ら・昨日は嫁さんがトイレまで付いて行ってやるのがスジだな。
だって、嫁が怖さを洗脳したんだもんね。
そうして、静かな環境で俺を寝かせて。

スポンサーサイト


  1. 2005/08/30(火) 17:41:00|
  2. 俺の意見|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。