シビアに今を生きよう(バスケットマンが小金持ち) スポーツ

シビアに今を生きよう(バスケットマンが小金持ち)
バスケットとは余り関係がないが、小金持ちになりたいリーダーの単なる趣味のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

始動開始

昨日の練習で基礎をやった。チョットやっただけで、足がありえない程弱っているのが解る。ガクガクするし後ろモモがつりそう。でも今自分をイジメて11月に笑ってやるぜ。しかも今頃、筋肉痛、歩く度に痛い。
 昨日の練習ではマスターズに出場する監督が一番気合が入っていた。さすがの精神力である。しかも集中するとアウトサイドシュートが入る入る。見習わないとです。自分的には最後の7点ゲームで8得点の全得点をナンダカンダで入れちゃった。全国までは大会も有るし伸びしろのある選手が頑張っているので負けられない。最後の全国青年大会にむけ仕上げマッセぇ。



  1. 2006/08/30(水) 19:50:28|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

五泉クラブ女子

昨日、青年大会バスケットボール女子の新潟予選を見に行きました。
我が五泉クラブ女子が土曜日に1勝したので後2試合勝てばアベック優勝って事で6人でツアーを組んで見に行きました。
途中のコンビニでビールを買って、応援での美声の下地を作りましたよ。高速で我慢できずトイレ休憩などを入れたため、着いたときには試合が始まっていました。
2コーター残りわずか2点差で勝っていました。相手は大会開催地区なので完全にアウェーだったんですが、私どもの美声でホームのようにしちゃいました。体育館脇で応援を開始したところ、大会委員の方がマイクで応援の方は2階へ行って下さいとのこと。それも応援魂に火を付けたのでした。盛り上がっていた相手ベンチも私たちの応援で完全に萎縮したようで流れがうちに来ました。選手も仕事や当日ドタキャンで6人しか居なかったけど何とか2試合目も勝利し決勝へ駒を進めました。
お昼はラーメン屋で生とラーメンを食しました。そんで、リポDを買って応援へ行きました。皆にリポDを渡す、その時点で女子は皆慢心相違、アっチ、コっチ、ボロボロ。
そんなこんなで決勝が始まりました。1コーターは1点差負け。気合のディフェンスで何とか喰らい付きました。いかんせんシュートが入らない。BIGセンターが居ないので中で点が取れない。ドライブからのシュートや3Pも相手のGOODディフェンス等で音なし。2コーターで10点ほど離されました。女子は皆、ボロボロなのに皆が励ましあい体を張ってプレーをしていました。3コーターまでに15点程はなされる展開。相手はカナリ2対2等を練習しているし、スクリーンアウトもシッカリシテイマス。その差がジワジワついて行きました。応援も皆ぁリバンド頑張れリバンド頑張れとリバンドを何回連呼した事か、4コーターに入り女子は最後の気力を振り絞りガッツでルーズボールを取ったりリバンドに喰らいつき、流れが女子に来ました。最年長の子はグップレーの連続。でも、どんどんゾンビのように力が無くなって相手にも心配されるほど。足を捻った子や足が肉離れをおこした子も精一杯、一所懸命、頑張って残り2分で6点差迄追いつきました。残り1分半4点差まで追いつき、残り10秒でプレスからのカットでワンマン速攻。でも相手の気迫のディフェンスに阻まれ終了。結局4点差で全国の切符は取ることは出来ませんでした。終了と同時に泣き崩れる子も居て、もらい泣きしそうになりました。応援の我々にも挨拶をしてくれましたが殆ど泣いている。ジーンと貰泣きしそうなので早々退散。
打ち上げで女子を見ると皆アッチコッチにアザが出来ているじゃぁ有りませんか、それも凄い量。ガッツあるプレーの表れでしょう。実力以上の物が出た大会だった。飲み会でも感動の涙あり笑いありで、昨日一日はバスケの面白さの原点を見た気がしました。最近我々男子が無くした物を女子から見せてもらえて、とても良い一日でした。




  1. 2006/08/28(月) 18:43:53|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

全国決めたよ

全国青年大会バスケットボール新潟予選が有った。試合が始まる前のモチベーションの低さが気になったが結果的に優勝する事ができたV4達成です。
私は年齢的に来年は出場することが出来ない。出場出来るのは、この大会の規定で35歳までなのだ。10月になると35歳になる。来年はもう中年なのか??
25歳に初めて全国青年大会に出場してから早くも十年が過ぎた。
選手として最後、今年は何としても全国へ行きたいと思って密かに自分のモチベーションは上げていた。
前日監督から電話がきた。
明日はスタートで行くぞってね。久しぶりのスタートだった。
流れを持ってくる、若者にも俺の気合を伝染させる気持ちでやる気満々だった。
試合内容は初戦の出足は悪かったものの徐々に気合が入り勝つことが出来た。決勝戦ではシーソーゲームからジワジワと点差を10点まで付、その差を追われる展開となったが、皆の気持ちが折れることなく優勝まで行けた。
自分の出来も良かった方だと思う。
一試合目はランニングプレーのみの得点。やっぱセンターが走ると勢いが付くもんだ。
決勝戦はゴール下とフリースローの得点。やっぱセンターが下で点を取るのは良いもんだ。が皆にはガッツあるプレーとディフェンスが結構褒められた。
結構嬉しかったりする。
試合後の祝勝会でも今回は出場する事が出来なかった若手に褒められたりして大変良いお酒を飲むことが出来た。優勝カップで飲むビールは格別やね。
やっぱバスケは面白い。
あんなに汗を掻いたのは久しぶり。
ハッスルしすぎて後頭部を体育館に打ち付け現在首が痛む。
帰りの途中話したのだが、試合では、ぶつかったり、走って飛び回り、足がつったり、後頭部を強打したり、大汗流しても、最後に楽しかった。面白かったって言う。バスケットマンは「どM」の集まりか??
多かれ少なかれMは有るのかな??
11月の全国大会までマダ間が有る。これからユニホーム争奪戦が始まる。いや、始まって欲しい。そんで皆で高めあって更に良いチームに成りたい。昨日の試合を見る限りチーム的に自力が付いたと思うがマダ気持ちやプレーにムラが有る。体力面で疑問も残る。まだまだ強くなれる。自分も若手に負け無い様頑張らないとヤバイ。目標は全国制覇だぜ。




  1. 2006/08/21(月) 18:41:24|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

青年大会新潟予選

明日は全国青年大会バスケットボール新潟県男子予選。
疑問点が少しある。
今年から青年大会新潟予選に出る為には登録料だったか1チーム3万円を払わなければならない。しかも大会役員をチームから2名選出し大会日程や使用する体育館を決め手配しなければならない。私は一応我がチームの役員だ。会議の際に体育館の使用等で青年団の名前で体育館使用を申し込めば無料になると言っていたが、体育館使用料が別途とられる。そのお金は何処へ???また、どこかの被災した地区に寄付という事で登録者×300円が別途徴収される。徴収されるのは寄付とは言わない??新潟県で各競技のチームから3万ずつ集めた金は何処へ行くのだろうか??バスケ男女だけでも30万近くになる。全競技を集めたら200万とかになるのでは??金の行く先を厳しく見つめたい。              
 また、今年から色々な規制が緩くなった事と我が五泉が村松町と合併したと言う事で登録者を選ぶのも今年は考えなければならなかった。
やる気のあるもの?練習をしていないが実力があるもの?未来のために経験をつませたいもの?等さまざまな事を考えた。結局は勝つ為にやる気のある者を選んだ。これは気持ちが重要な勝利への要因という事とこれからもっとクラブを盛り上げて行くためには練習に来ない実力者より試合への気持ちがある奴が良いと思ったからだ。しかも彼らはマダマダ伸びる。前は練習の来ない実力者を選んだ。それは勝つためには必要と思ったし、それを機に練習にも積極的に参加してくれると思ったからだ。でも実際は実力があっても練習をしていなければ、良い悪いは、その場その場で波が多かった。甘い人選であり結局はその人達のやる気を呼び起こすには至らない。それなら今回のようにやる気のある者を人選したほうが良かった。昔は、人も多く試合の都度この辺の話が結構行われていたが、今はあんまりだ。人間的に皆を好きだから練習に来なくなった人を呼び戻したいが、それとこれとは別。まぁ俺は昔から頑張っている奴が出たりメンバーになった方が良いと思っている。だって、俺が一番頑張ってるって思っていたから。昔から人選に選ばれずクラブに来なくなったものや、人選に選ばれても起用チャンスに恵まれず他のチームへ行ったもの、練習に来れないのにメンバーに選ばれるのを嫌い他のチームへ行った人など様々だが、今回この大会でのメンバーが決まった以上、チーム一丸となって全国を決めたい。選ばれなかったから試合にも来ない奴は所詮その程度かもしれない。見るのも勉強。その悔しさを次に生かしてほしい。
今回のチームのモチベーションを見ると結構低い。心が折れやすいような気がする。全国へどうしても「行きたい。行くんだと。」言う気持ちが伝わってくる人が少ない。他のチームはきっと初全国を目指したり打倒五泉で意気込んで練習して強い気持ちで試合に臨んでくるだろう。そのような奴らと対等以上に張り合うためには更なるつい良い気持ちとチーム一丸となることが必要だと思う。能力的には県内でもトップクラスが多いと思うし、気持ちさえ入れば県内でもベスト4には入る実力があるチームだ。明日は是非とも全国出場を決めたい。また、今年は規制も緩くなった事と協力新人の加入などから女子も気合が入っている。女子はまだ全国出場は果たしていない。試合すら余り無い女子チーム。もしも今回全国に行ければ女子ももっと盛り上がるだろうし、新人も入ってくるかもしれない。今年の女子は昨年と一昨年優勝したチームが出場していない事から混戦が予想される。女子も優勝目指して一致団結して盛り上がって欲しい。




  1. 2006/08/19(土) 07:21:58|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

スリーONスリー大会。

昨日、新潟県湯之谷村ラピュタ?ユピオ、FM新潟協賛?のスリーONスリー大会に出場しました。
我が五泉クラブの有志8人で2チームを作り大会に出場。俺は人が居ないと言う事で急遽参戦。
チーム別けは
1チーム目は県内の3ON3大会負けなしの、若手スタートトリオ+キャプテン。
2チーム目はロートルベンチ組+スタートの熊さん。(その中に俺入り)
結果はロートルベンチ組みの優勝。
大会はA・Bブロックに別れてのトーナメント戦だったため、若手スタートはA・ロートルベンチはBに別れてエントリー。優勝決定戦で当たる約束だった。
試合は5分流し、私達のチームは1回戦シードで2回戦目から出場し、優勝まで5試合をこなした。試合は全試合危なげなく勝利。優勝商品は宿泊券・ナイキのバック・スポーツ店の商品券でした。しかも、1試合勝つ度に商品が貰えたので、元は十分取れた。
優勝決定戦で当たる予定だった、若手スタート組は4回戦で敗退した。なぜロートル組が優勝して若手が負けたのでしょう?
確実に若手の方が能力が有るし、きっと彼らと対戦したら年寄りチームが負けただろう。でも、なぜ???
その答えは、能力の高い彼らのプレーは水物なのだ。シューターのシュートは水物しかも、試合の時間が短いとくれば、調子が悪かったり気持が乗らなかったりすれば、シュートが落ち、相手にリバンドを取られ逆に点を取られると、後追いの形となり、常に相手のペースで試合が進み、時間が無くなり変なシュートセレクションになったりして自滅するのだ。

では、ベンチ組が何故優勝したか??
それは、ガード以外がリング下でのゴイゴイゴイゴイ、ゴリゴリゴリプレーヤーだからだったと思う。シューターと違い、リング下で体を使い得点を重ねる。最悪ファールをもらう。最高はバスカン。そんで激しくディフェンスし相手にプレーをさせない。
我々は地味に得点を重ねる。リバンドを取る。中が狭まった所で打てば入る3Pシューターのガードへパス。完璧。ってな具合。
ミンナ危なげなく勝ったが、山場もあった。
それは4回戦。相手は我々より全員でかい。そんな時、我がチーム唯一のスタートプレーヤーの熊さんが控えの順番で出ない。ベンチ組み3人でのスタート。がっ要所をおさえ熊さんを温存しての勝利。
そこには、こんな勝利への布石があった。
基本的には自分達のペースに引き込む。
それは、試合前のアップから始まっている。
試合前に声を掛けて『お手柔らかに』と頼む。
試合でのマッチアップをした人には、こんな凄い人守れない、無理等言って相手を気持ちよくさせつつ、プレーは反則ギリギリ?いや、ばれない爽やかな反則で相手の動きを封じ知らないうちに実力を出させないのだ。そして自分達はマイペースに得点を重ねる。その結果勝つ。
今大会で感じた事は、若手は常に自分を出す事が出来なければ負けると言う事。
年寄りには、まだまだまだまだ、通じる、やれると思えた経験を得れた大会だった。
若手と年寄りでよい経験が出来、8人の団結力も高まり最高に良い経験が出来大変楽しく又行ってみたい大会となった。
変える前に皆で温泉につかり、若手にイタズラを施し優勝商品の商品券を使い切って帰宅。
地元で『我が家』で有志を集めすき焼きパーティーで祝賀会をした。
本当年齢を超えて楽しかった。
みんな良い仲間でバスケ馬鹿だな。
でも、この大会で自分的には他のチームの人を見ると勝てる気がしない。やってみるとそうでもないが、年をとって臆病になったのかな??



  1. 2006/07/24(月) 19:42:47|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ハッシー

アルビからハッシーが居なくなった。
残念でならない。
小川さんも居ない。
これもまた残念。
去年、地元の祭りに来てくれて知り合いになれたのに。
、今月地元のアルビ後援会の立上式の日にハッシーにメールを打った。
内容は今、五泉のアルビ後援会の立上式をやっています。ハッシーが居ないのがとても残念です。何処へ行っても頑張ってください。ってな感じ。
ハッシーからの返信は、
わざわざありがとうございます。
リーダーはじめ新潟の皆さんには大変お世話になりました。
自分はチームから離れてしまいましたが、新潟アルビレックスが日本一になれる日を心から祈っています。

だ。
涙・涙がこみ上げてきましたが、ハッシーなら何処でも成功するって思えました。
がんばれ、ハッシー。
何時か何処かで飲みましょう。



  1. 2006/06/21(水) 19:20:45|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

体力も能力

日曜に新津(新潟)市民戦があった。五泉クラブの有志の男子・女子がでて、みごと男女共、優勝。
因みに俺は出てない。



それは、さておき、
今、練習から帰ってきた。
練習の最後に体力も能力だって言った。

今日の練習でエースとマッチアップした時に俺がセンタープレーでゴイゴイのプレーをしたら、スゲー疲れるって言いました。
彼はフォアードでボディーバランスも良く多少のファールでは止められない。
がっ、試合でマッチアップした時に接触プレーで1コーター目から3コータ目まで体力を削り取ったらどぉだろう?
エースが体力が無くなって駄目になった時にチーム一丸となって、勝利をもぎ取るってのも有りじゃない。

こんな事があった。俺が岩手に行っている時のチーム内には岩手の国体選抜が2人居た。
なのに、高校生との練習試合でトントンの試合をしていた。
途中で俺が出てエースを止めて、点差を付けた。
その後、チームの人に学生は当たりが弱いので大人の体を使ったり接触プレーなどでガシガシ行けば良いよって言ったら、その後は俺が居なくても楽勝となった。
そう、ガタイやパワーも能力なのだ。
相手に併せ相手の土俵で戦ったら勝てないし良い流れにはなならナイ。
体力も能力。
身体的な大きさも能力だが、それは、きたえる事は出来ない。でも体力なら鍛えれば何とかなるし、努力すれば何とかなる。
後、気合みたいな。
最後に言いたい。
今日もバスケがしたくても出来ずにシュートやパスだしをしていた人がいた。
でも、練習に来れるのに来ない奴、試合前しか来ない奴。そんで試合で体力が無く良い時と悪い時の波が激しい水物な奴がいる。
オフェンスは能力が有れば、練習不足でも何とかなるが、連戦や毎回良いプレーなど出来るはずはない。
ましてやディフェンスは練習しなければ足がついて行く筈はないのだ。
まぁ勝つために、オフェンス8で、その様な人がでることもある。
が、やりたくても出来ない人の気持ちも汲んで欲しい。
まぁ学生じゃぁないから強制はしないけどね。
もう一回いいます。
体力も能力だ。

おれも、モハメドヨネと腕相撲をして恥ずかしい事に成らない様に腕立でもしましょ。



  1. 2006/06/20(火) 22:58:29|
  2. スポーツ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<< 前のページ 次のページ >>

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。